調理師専門学校への入学準備で最重要なのは「体感すること」

調理師専門学校への入学について

将来、食にたずさわる仕事に従事したいと考えている人の中で、食材を調理し、その食事を人に楽しんでもらう専門家「調理師」になりたい方も少なくないはずです。
しかし、調理をする専門家に目指すためには、免許が必要で、その取得方法は大きくわけて2つあります。1つは、食の専門学校などへ行くことです。もう1つは独学で試験を受けて合格することです。今回は専門学校の入学に関係する話しをご紹介します。

まず、調理師を目指すことの出来る専門学校へ行き卒業することが出来たら、調理師の免許を取得できます。各専門学校によりコース特色がありそれを選ぶ必要があります。昼間に通うコースばかりではなく、夜間に通うコースもあります。
また、従来基本的に調理師になるために必要な学問のほかに、最近では経営色が強い授業を取り入れたり、高齢者向けの調理を学ぶことが出来たりもします。そして入試方法も社会人入試があったり推薦入試があったりします。

足で実際に確認し、体感すること

このような調理のプロフェッショナルになるための専門学校選びで大事なのは「足で実際に確認し、体感すること」です。知り合いや学校などからの情報、ネットでの情報、本の情報も大事です。
しかし、それは実際の場所を体感したものには勝てません。この学校に興味があるという大体の方向性を固めていくつかピックアップした後、学費やもし通うようになったら、それは可能かどうかの費用の面ですこし考えましょう。奨学金や学生寮なども考慮に入れる場合、専門学校を選択するために必要なことになってきますので、おさえておきます。

ここからは体感です。学校の体験入学や企業が催しているフェアに極力行くことで、「自分が将来通う場所」が見えてきます。もし学校へ行くことができた場合で可能であれば、少し1人で学校を歩いてみると、また何かを感じることが出来るかもしれません。

イメージ